2012’09.07・Fri

『猫の突発性前庭疾患(2)』


DSC_0547_convert_20120906121922.jpg




昼間の定位置はダイニングチェアー。

もはや、彼女の巣ですな。

眼下には僕を従えて(ぶっ)




DSC_0545_convert_20120906121820.jpg




しかし、暫くはこれも難儀じゃろう。

まず、飛び上がれん。

段差を付けるか?

いや、そうまでして高所に上がったら落下した時が怖い。

これまでとは生活仕様を変えんといかんな。





低く暮らそう。

あ、飼い主は別にどっちでもええが、

猫には辛いか?

創意工夫、即実行。

彼女の目線で生活する。

そんくらいのことが出来んでどーする。

くちゃちゃの猫生はまだまだ先が長い。

彼女が快適で機嫌がいいことが全て。

今回の件で嫌ってほど理解した。

飼い主なんてヘタレでつまらん。




DSC_0548_convert_20120906122038.jpg




9月6日朝一で通院。

2日~現在までの記録と動画、

4日に初診で処置してもらった病院の血液検査結果と服薬を持参。

その後、検査と診察を兼ねて預かりになる。





3時30分PM迎えに行く。

診断はやはり、『猫の突発性前庭疾患』

突発性=原因不明らしい。

血液検査もレントゲンも異常なし。




この病気、飲食出来るようになれるかが勝負らしい。

『退院サポート』で、昨日から強制給餌開始。

が、思いがけず自ら少しずつだけど食べてくれる。

投薬はとりあえず5日間4種類、

くっちゃん、頑張ろうね。

来週、再通院予定です。





最後に、みなさん、ほんとにいつもありがとう。

いっぱいいっぱい励まされちょります。

ほんまつまらん飼い主ですが、彼女のために精一杯頑張っていこうと思っちょります。

これからも応援よろしくお願いします。





<覚書>

9月4日計量   4.4kg

9月6日計量   4.22kg

2年かけて2kgの減量でございます。

飼い主的にゃ、軽すぎて泣けてくるんですがね。






↓ポチッポチッとヨロシクにゃ☆





☆いつも応援ありがとうございます☆





『震災とペットに関する情報』





c_01.gif 




スポンサーサイト

Categorie未分類  トラックバック(0) - TOP

この記事のトラックバックURL