fc2ブログ
  • « 2024·02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  •  »
2011’09.10・Sat

ポジティブなボクちん♪



DSC_0016_convert_20110909121350.jpg



今朝、記事をUPしたと思ってたら下書になってた

なして?

まー、ええか、

きっとポチッとしてしもうたんじゃろ

それしか考えられん(-_-)




ほんじゃ、仕切りなおして。。




またまた気になる記事をみつけました( ̄w ̄)




『猫はカニ歩きで近づくと逃げない?』




なんですと?

カニ歩き?

チョキチョキしながらガニマタで歩くあれ?

そんなんしたらウチのボツオは発狂するよ?ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ



DSC_0017_convert_20110909121523.jpg



で、よくよく読んでみたら

>目を反らしながらカニ歩きで近づいたり、
 ゆっくりとまばたきをしたり、
 またアクビをして興味がないフリをするのもなかなか有効です

なんじゃ、

チョキチョキしながらガニマタじゃないんじゃ。。

ほんじゃ、このカニ歩きって?

ま、要はあれよね?

>興味がないフリ

ここがポイントよね(o ̄ー ̄o)



DSC_0018_convert_20110909121657.jpg



でも、それよりも目を引いたのは↓

>人間に飼われている時間の長さや、訓練の仕方によっても賢さは変わりますので。
 記憶力も、記憶する事柄によって大きく変わります。
 例えば、痛かった、怖かったという恐怖の記憶であれば、
 2~4歳程度の子どもよりもずっと長く覚えてるように感じますね

猫のIQについてらしいッス




ここで注目すべき事柄は、

>訓練の仕方によっても賢さは変わります

ほんと~???

猫に訓練???

それって必要???

あ、違うた

それって可能?じゃった(* ̄m ̄)プッ



DSC_0023_convert_20110909121808.jpg



それともう1点、

ウチのお坊ちゃんに関しては、

恐怖の記憶より、

喜びの記憶のほうが勝るみたい




ご飯がいつもより早くもらえた

昨日はおやつが2回あった

朝はベッドで尻トンがしてもらえる

等々は絶対に1回で覚えちょるもん



逆に叱られた記憶はすぐ消去するもんじゃから

いつでも同じところでまた叱られる

これもひとつの指導(訓練)だとしたら

猫に訓練は不可能なんじゃなかろうか

いや、以上のことはボツオにだけ当てはまるのかもしれんが( ̄ー ̄;




さてと。。

今日はちょっくらお買い物~

色々お見舞をいただいたもんで、

お返しを物色して参ります~

ついでに?

ランチもしてこよっと~y(^ー^)y





☆『かぁさん、ボクちんはがくしゅーのーりょくがないんじゃなくて、たんにポジティブなだけなんですよ♪』by:お坊ちゃん 
↓ポチッポチッとヨロシクにゃ☆





☆いつも応援ありがとうございます☆





『震災とペットに関する情報』





c_01.gif 





スポンサーサイト



Categorie未分類  トラックバック(0) - TOP

この記事のトラックバックURL